キャッシング審査と電話との関係

キャッシング審査と固定電話

キャッシング審査と固定電話
キャッシングの審査というのは、様々な項目があります。
その中でも、連絡がつくということは非常に重要なことになります。
万が一支払いが遅れたりした場合、電話がなければ連絡がつきません。
そこで、キャッシングの審査項目の中には、電話というのもあります。
電話といいましても様々な電話があるのですが、もっともキャッシングの審査で有利といわれている電話が、固定電話です。
固定電話というのは、電話会社から加入権というのを購入し、それと引き換えに電話番号をもらうというものです。
この加入権、権利ですのでもちろん売ることもできます。
昔は結構な高値でしたが、最近ではあまり高くありません。
しかし、固定電話の番号というのは、地域によって市外局番、そして市内局番というのが決まっております。
その電話番号を使っているということは、そのエリアにすんでいるということですので、貸金業者からすると理想的です。
固定電話と携帯電話の組み合わせが最強の組み合わせです。
キャッシング審査と携帯電話
ちなみに、最近ではインターネット回線を使ったIP電話というのがあります。
固定電話ににているようですが、番号が050から始まり、地域によって違いがあるわけではありませんので、固定電話ほどの信頼性はありません。
最近、急速に台数を伸ばしている電話といえば、携帯電話です。
携帯電話というのは、キャッシングの審査にとっては必ずしも好印象をもたれるものではありません。
好印象はないのですが、なければ困るものでもあります。
貸金業者が利用者に連絡をするとき、真っ先にかける電話といえばやはり携帯電話の番号です。
キャッシングを申込み、審査を行う際には、何かしらの連絡先を書かなければなりません。
固定電話と携帯番号を書くのが理想的で、次は固定電話のみ、次に携帯番号のみという感じになります。
では、固定電話も携帯電話も持っていない場合にはどうなるのかというと、カードを作るのはほぼ不可能です。
少なくとも、携帯電話くらいは持っておいたほうがいいでしょう。