キャッシングと知人からの借金

キャッシングと知人からの借入れの違い

キャッシングと知人からの借入れの違い
お金に困ったことがないと言う人はほとんどいないです。
特に急なトラブルや出費は本当に困ります。
どうしてもお金が必要になり、自分ではどうしようもない場合、知人にお金を借りる方法と、消費者金融などからのキャッシングを利用する方法があります。

どちらもお金を借りるという点では同じですが、比較すると、その流れやその後の影響は全然変わってきます。
知人の場合は、お金を貸してくださいとお願いに行きます。
借用書を書くことはあっても、免許証を求められたりすることはまずありません。
保証人を求められることもあるかもしれません。

キャッシングの場合には、必要書類は免許証があればいいです。
金額によっては収入を証明する書類も必要になりますが、保証人や担保は必要ありません。

一番の違いは、業務的か人間的かの違いです。
人間相手なら多少の返済遅れも比較的なあなあになることもあります。
一方キャッシングの場合は、返済が遅れればその分だけ追加での利息が、しっかり日割り計算でなされます。
知人ならではのトラブルとは
キャッシングと比較して、返済方法は知人の方が緩いと言えます。
近しい関係であれば利息がかからなかったり、多少返済が遅れても何も罰則がないこともあります。
その代り、きちんと返済ができないと人間関係にひびが入ります。
また、知人相手の場合は、きちんとした契約とまではいかず、知人の都合次第で返済の変更を求められる場合もあります。

例えばその知人が急にお金に困った場合に、全ての残債をすぐに返してほしいと言われる可能性もあります。
キャッシングではまずそのようなことはありませんが、知人に借りる場合は、相手の都合次第で条件はすぐに変わってしまうことがあります。

また、知人相手の場合には、こちらの借金の事情が周りの人に漏れてしまう可能性があります。
相手も人間なので、内緒にしていて欲しいと言っても秘密が守られる保証はありません。

キャッシングと比較して知人に借りる場合には、緩いということはメリットにもデメリットにもなりえます。
比較した結果でみて、しっかりと契約内容を守るのは、消費者金融と言えます。