キャッシングの金利を下げる方法

消費者金融の金利は皆同じ

消費者金融の金利は皆同じ
消費者金融はどこがいいのかとよく話題になります。
しかし、消費者金融について言えば、どこもあまり差がなくなっているというのが実情です。

比較する項目としては、金利、申込方法、審査の通りやすさ、返済のしやすさなどがあります。
実際どこも似たり寄ったりといった状況で、各社の特徴をきちんと説明できる人の方が少ないです。

これは金利も同様です。
何百万円という多額の借入れならともかく、100万円も行かないくらいのキャッシングの場合はどこも金利は変わりません。
一部例外はありますが、まるで示し合わせたように、18%で設定されています。

初めての利用であっても、多少の実績があっても、消費者金融のキャッシングの金利は18%だと考えておきましょう。
実は18%という金利はそれ程低い金利とはいえません。
貸金業法で定められた上限金利は20%で、その差は2%しかありません。
それも10万円を超える金額の借入れの場合には上限金利は18%と定められています。
つまり数十万円のキャッシングの場合には、法に定められた上限ギリギリの金利を払っていることになります。
金利を低くする方法はあるのか
現状ほとんどの消費者金融が上限金利を18%に設定していますが、この金利が途中で下がることはほとんどありません。
借入れ総額が100万円を超える場合、法律で定められた上限金利が15%になるため、その場合には金利が下がることはあります。
しかし、特に借入れ総額を増やすこともせずにいるなら、たとえ順調に返済していたとしても金利はそのままです。

これを下げる方法は二つあります。
一つはより低い金利のところへの借り換えです。
確かに消費者金融の金利はほとんどが18%に設定しています。
しかし、消費者金融でなく、例えば銀行の場合はもっと低い金利で借入れができます。
もう一つの方法は、複数での借入れの場合ですが、一社にまとめてしまう方法です。
おまとめローン対応の金融会社の場合、まとめることで条件を優遇してくれる場合があります。

中には銀行は以前キャッシングを断られたという人もいるでしょうが、だからといって2度と申し込みができないわけではありません。
それまでの消費者金融での返済をきちんと行っていれば、それが判断基準となって借換えが可能になるケースは意外と多いです。