キャッシングの金利について

過払い金問題とキャッシング

過払い金問題とキャッシング
キャッシングは借金ですから返済があります。
更には金利が上乗せされた返済になりますから返済方法によっては長引いてしまい、借りた額よりも金利額が多くなることもあります。

金利は利息制限法で15%〜20%の間で決まっており、例えば10万円未満ならば20%が上限金利です。
最近は金利に関しては18%の上限金利のところが多いです。
法律上は20%であるにもかかわらず18%にしているのは過去に金利に関してキャッシング会社が問題を起こしたからです。

それが過払い金問題です。
過払い金問題とは「グレーゾーンの金利を消費者から徴収していた」ことが問題となったことでした。
このグレーゾーン金利はもう一つの金利を定める法律である「出資法」が29.2%の金利を上限としていたことから発生した利息制限法と出資法の金利差です。
どちらの法律に従うかによって金利差が発生することは消費者にとっては混乱しましたが、貸金業者にとっては高い金利で貸し出した方が儲けは大きくなるとのことで出資法の金利を取る会社が多かったのです。

でも、今は違法です。
法律改正と競争の結果
法律が変わりました。
金利に関しては利息制限法の金利を導入して出資法の金利は下げられました。
キャッシング会社が今取っている金利は利息制限法に従ったものですから当然20%でも問題ないはずですが、それが出来ないのは過去の反省からだと言われています。

「消費者をだましていた」というレッテルは信用にかかわります。
貸金業は信用で成り立っていますからその信用が崩れるようなことはあってはなりませんから消費者の失った信用を取り戻すためにも低めの金利設定にしているのです。

それ以外にもキャッシング会社は競争にさらされています。
生き残りをかけてサービスの向上を図り、携帯からの審査申込みや「スピード審査」「即日融資」などもその一環です。
金利は消費者にとってキャッシング会社を決める上で重要なポイントです。
少しでも低ければ返済額が少なくなりますから、その辺を考慮して選択しています。
過去の事情と現在の結果、金利は安くなっているのです。