ネットと自動契約機の併用

申し込みはネットで

申し込みはネットで
キャッシングやカードローンで申込みをするとき、通常であれば人のいる店舗で申込みをします。
いわゆる「街金」と呼ばれる小規模な会社では、今もなおこの方法が主流となっております。
大手のキャッシングやカードローンの会社となりますと、自動契約機で申込みをする方法も広がっております。
たしかに、自動契約機には人がおりませんので、キャッシングやカードローンのときに気まずい思いをすることも多くはありません。
しかし、キャッシングやカードローンの申込には時間がかかることも多く、あまり自動契約機の中で長時間過ごすことはいやだ、と考えている人も多いようです。
そんな人たちには、第3の選択肢があります。
それは、キャッシングやカードローンの申し込みはインターネットで済ませて、その後の手続きは自動契約機で行うというものです。
この方法で一連の手続きを完了させるのが、最短の利用方法となります。
では、その利用方法について説明をしましょう。
ネットのち自動契約機
まずは、インターネットで消費者金融のホームページにアクセスをします。
そこで、キャッシングやカードローンの申込みのページがありますので、ジャンプします。
ジャンプしたら、入力して行けばいいのです。
自動契約機ですと、自分で記入したりしなければなりませんが、パソコンなら楽チンです。
入力事項を送信したら、次は審査に入ります。
審査はインターネットですと非常に短時間になります。
30分くらいで審査が完了する消費者金融もあります。
審査が完了したら、次は契約となるのですが、これはインターネットで行うよりも、自動契約機で行ったほうが得です。
もちろん、インターネットでもできないことはありません。
契約書を記入したり、必要書類を送信する事だってもちろんできます。
ただし、ローンカードを発行してもらう手続きに違いがあります。
自動契約機を使えば、その場でローンカードを発行してもらえるのですが、インターネットだとカードを郵送してもらわなければなりません。