健康保険証と審査の関係性

本人を確認する書類

本人を確認する書類
キャッシングというのは、申し込みをしたらすぐに使えるようになるわけではありません。
キャッシングのカード発行までには、様々なプロセスがあります。
申し込みをしたら、審査があり、そして契約もしなければなりません。
特に申し込みをする人が最も気にすることといえば、審査ではないでしょうか。
消費者金融のキャッシングは、銀行のローンよりは審査は厳しくはありません。
しかし、甘いというわけでもありません。
その際には、本人を確認する書類というのを提出をしなければなりません。
本人を確認する書類を確認することで、なりすましを防ぐことができるのですから。
そんな本人を確認する書類ですが、ほとんどのところでは健康保険証、パスポート、そして運転免許証というのが認められております。
ほとんどの方は、このいずれかは持っていることと思います。
では、このなかでもっともキャッシングの審査に有利に働く本人を確認する書類というのは何なのでしょうか。
健康保険証は審査に有利
それは、健康保険証です。
健康保険証といえば医療機関を受診するときには持っておきたいものです。
これを提示することによって、医療費が3割負担で済むのですから。
医療費を安く済ませるだけでなく、キャッシングの審査においても有利となります。
健康保険証には、国保、社保、そして共済という3種類の保険があります。
これは何が違うのかというと、その人がどんな仕事をしているかによって違うのです。
社保というのは、一般的なサラリーマンが加入する保険です。
共済というのは、公務員が加入する保険で、それ以外の人は全て国保に加入をすることになります。
他の本人を確認書類とは異なり、健康保険証というのはその人の職業が分かるのです。
運転免許証やパスポートを見たところで、その人の職業は分かりません。
しかし、共済保険であれば公務員、社会保険であればサラリーマンということは分かります。
キャッシングの審査において重要な項目のひとつに、職業があるのです。