審査時間を短くするには

時間に余裕を持たせよう

時間に余裕を持たせよう
カードローンやキャッシングを申込んだ後には、審査という関門が待っております。
これを待っている間の時間というのは、とてつもなく長く感じるものです。
最近では、大手のキャッシングやカードローン各社では、審査時間を30分程度で行ってくれるところがほとんど。
しかし、その30分ですら長く感じてしまうものです。
この30分という時間、あくまでもキャッシングやカードローンの審査が順調に行った場合の時間で、何か問題があれば、当然ながらこれよりも時間はかかってしまいます。
では、できるだけキャッシングやカードローンの審査時間をかけたくないという場合、どうすればいいのでしょうか。
もっとも有効な手立てというのが、余裕を持って申込みをするということです。
出来るだけ、銀行の営業時間が終了する間際の申し込みというのは避けたほうが無難です。
この時間帯には申込が比較的集中をして、その分検査をする項目も多くなってしまい、結果として時間がかかってしまいます。
限度額に余裕を持たせよう
時間的に余裕を持ってキャッシングやカードローンの審査に臨むというのも重要ですが、それ以外にも申込み内容にも余裕を持たせるということが重要となります。
例えば、消費者金融などでは総量規制というのがあり、年収の3分の1以上のお金を借りることが出来ません。
逆を言えば、年収の3分の1まではお金を借りることができるというわけです。
となると、普通の人はその限度額いっぱいまで申込みをしたくなります。
年収600万円の人であれば、200万円までは借りたくなるというのが人情でしょう。
しかし、総量規制ぎりぎりまで限度額を設定してしまうと、検査もかなりシビアとなります。
あくまで総量規制の決まりは原則であり、実際には銀行や消費者金融が限度額は設定するものです。
ぎりぎりのところを申込まれれば、慎重にならざるを得ません。
様々なデータを比較検討しながら進めていきますので、どうしても時間がかかってしまいます。
それならば、200万円ではなく500000円くらいにしたほうがあっさり通過できます。