収入なしでも申込みができるのか

専業主婦が借入れできない理由

専業主婦が借入れできない理由
キャッシングを利用する時に、総量規制という法律は知っておくべきです。
総量規制は、消費者金融側にたいする規制で、キャッシング申込者に対する規制ではありません。
しかし、消費者金融が総量規制によって制限をかけられるなら、結局は同じことです。

総量規制によって、消費者金融は、年収の1/3を超える金額の貸付を禁止しています。
これは、キャッシング利用者が返済不能に陥るリスクを軽減するための配慮ですが、それによって一つの問題が生じます。

収入のない専業主婦はキャッシングの申込みができないということです。
専業主婦には当然収入がありません。
年収の1/3を超える借入れができない以上、キャッシングの申込みはできないということになります。

総量規制が入る前には、消費者金融は専業主婦にも積極的に貸し出しを行っていました。
しかし、総量規制が入ってからは専業主婦に貸し出しを行う消費者金融はほとんどいなくなりました。
これには、金利が下がってしまい、審査自体を厳しくせざるを得なくなったという事情もあります。
専業主婦が借入れする方法
総量規制によって年収の1/3を超える金額の借入れができなくなったことを知る人は多いですが、専業主婦が実は借り入れできる場合があることは意外と知られていません。

総量規制には例外があります。
例えば銀行業務は総量規制の対象外なので、規制を受けることはありません。
なので、例えば銀行系のカードローンであれば専業主婦の借入れは法律によって規制されません。

また、総量規制によって収入のない人は借り入れができないと思われがちですが、専業主婦の場合には条件付きで申込みが可能でもあります。

例え専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があれば、配偶者の同意があれば専業主婦であっても借入れは可能です。
ただし、配偶者の収入を見込んで返済能力をみるということで、配偶者の収入を証明する書類も別途必要になります。

これについても、銀行業務に関しては規制の対象外なので、法律上は同意書も収入を証明する書類も必要ではありません。
しかし、専業主婦が借入れする場合、銀行側の判断でこれらの書類の提示を求められることが多いのが実情です。