キャッシング審査

今は無くなったグレーゾーン金利

今は無くなったグレーゾーン金利
キャッシングやカードローンを利用する時には、利息がかかります。
利息は金利に対する日割り計算で請求されます。
金利が高いとそれだけ払う利息が多くなります。
返済額の多くが利息分に充てられるので、元金の減りも少なくなります。

グレーゾーン金利があったころには上限は実質29.2%で、消費者金融も例えば27%という高利でキャッシングを行っていました。
利息制限法という法律では、10万円以下の少額のキャッシングでも上限20%、100万円を超える場合には15%が上限と定められていました。
なので、27%の高利はそもそも違法です。
しかし、利息制限法には実質的な罰則がありませんでした。
そして、出資法という法律により、利用者の同意があれば、29.2%までなら利息をとっても大丈夫という理由で、20%から29.2%の間の金利をグレーゾーン金利と呼ぶようになりました。

貸金業法の改正により、出資法の上限も20%に合わせたため、今はグレーゾーンは実質撤廃されています。
過去の利用者の中には、払いすぎた利息を取り戻そうと過払い金の請求を行っているキャッシング利用者もいます。
低くなってきた金利
貸金業法改正後の消費者金融の上限金利は18%が相場となりました。
ほとんどのキャッシングで金利が18%になったので、グレーゾーンがあった時期と比べると、安心して利用できるようになりました。

しかも最近は、さらに金利の低いキャッシングの方法が出てきました。
それが銀行のカードローンです。
個人が少額の借入れをする場合には、消費者金融を利用するのが一般的でした。
しかし、最近は銀行も個人向けの少額の融資に力を入れています。
銀行のカードローンの場合は、消費者金融よりも金利が低く設定されています。
中には14%を切る銀行もあり、しかも手続きも簡単です。

銀行の場合は、カードローン以外にも色々な業務があります。
なので、資金も潤沢で、貸付にも余裕があります。
一方消費者金融は、キャッシングが業務の中心です。
なので金利を落とすとそのまま利益に直結するので、下げることが難しい状況です。

利息を考えると、昔より便利になりましたが、一方で、審査が厳しくなってきているというのも最近の傾向です。